This site requires Javascript

Please enable Javascript in order to use this site properly. Thank you!

コンポスト化/生分解性

BioLogiQは、循環経済の理念をサポートし、だれもがすべてのプラスチックのリサイクル率を増すためにベストを尽くすべきだと考えます。   同時に、私たちは持続可能な資源利用(SMM: Sustainable Materials Management)のコンセプトも支持しています。   私たちは現実的でもあり、今日実際にリサイクルされているプラスチックの量は比較的少ないことも理解しています。 

出口のないはずのリサイクルシステムのループから「リークする」プラスチック、またはリサイクルが大変難しい、あるいはほぼ不可能なようにデザインされたプラスチックの代わりに、生分解性プラスチックの使用を私たちは支持します。  BioLogiQNuPlastiQは、耐久性と貯蔵安定性に優れています。 酸素や紫外線にさらされることによって簡単に分解が始まることはありません。  

S600_OKC_fullcolor_PMS.jpg

NuPlastiQ® BioPolymersは、他の樹脂とブレンドされるようデザインされています。 微生物が豊富な環境に廃棄された場合に生分解されるプラスチック製品をデザインできるよう、NuPlastiQの使用方法をご紹介します。 NuPlastiQをPHA、PBATやPLA等、他の生分解性樹脂とブレンドすることで、ASTM-D-6400を満たす工業用コンポスト条件下で生分解するプラスチック製品を作ることができます。 そのままでは、NuPlastiQはセルロースと同等あるいはそれよりも速く、あるいは現在市場に出回っているどのバイオプラスチックよりも速く分解されます。 NuPlastiQはASTM-D6400試験をパスし、Vincotteによって認定されており、コンポスト可能性についてEN-13432によって設定された条件をクリアしています。 

単層フィルムにおけるNuPlastiQと通常の非分解性プラスチックブレンドの予期せぬ結果として、微生物が豊富な環境に廃棄されれば、プラスチック製品全体(NuPlastiQと通常のプラスチックどちらも)が生分解されるということです。 第三者の試験結果では、25~40%のNuPlastiQと60~75%のポリエチレンを含む厚さ1ミル(約25ミクロン)の単層フィルムは、好気的及び嫌気的状態のどちらでも、365日(1年)以内にその90%以上が生分解されることを示しています。

NuPlastiQを用いたプラスチック製品は、リサイクルシステムからリークして微生物と接触した時に生分解またはコンポスト化するように設計されています。  NuPlastiQは熱、光、酸素では分解しません。

degradabilitycompostability.jpg

* 弊社で行われた試験はすべて第三者機関の研究所にて行われたものです。   レポートの結果をご覧いただくこともできます。   これらの結果はNuPlastiQを使用した製品すべてに当てはまるわけではありません。

** ASTM-5511 は、固体物資が多く、静的状態(攪拌なし)で生物学的にアクティブなごみ埋め立て地の状態を模倣したものです。

We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. If you continue to use this site we will assume that you are happy with it. Ok